いま使える革新的な「技術」と「成分」で、うるおいの根源へアプローチ。ピュアプロテオグリカンを配合したマヒナ美容液で、艶肌へと導きます。

PELE'S LABO SERIES

skincare supple

スキンケアサプリ

 

PELE'S LABO SERIES ペレズラボ シリーズ

SKINCARE SUPPLE

スキンケアサプリ

ぺレグレイスがお届けする「潤い」。
「外面的な美しさ」「内面的な美しさ」「精神的な心の美しさ」のバランスが大切。

より美しく輝く肌へ〜インナービューティー

ライフスタイルが大きく変わってきている現代社会で大気や食物の汚染が広がり、多くのものに人の健康を害する化学薬品などが使用され、 ホルモンバランスの乱れや人間関係のストレスなど社会的な問題です。体本来の機能を正常に保ち続けるためには、意識してそれらを自己防衛する必要があります。 つまり美しさを保つためにする日ごろのインナーケアが美と健康を取り維持するカギとなってきています。

内面美容

日常生活における様々なことが要因で肌の構造が乱れると水分が蒸発し、乾燥しやすくなりますので、保水機能を維持するため角質層が厚くなっていき、 健康な肌本来のチカラが保てなくなり美しさも損なわれます。健康な肌が本来持つチカラを考えて、美しさを保つためにする日ごろのインナーケアが深刻な病になる前に美と健康を取り戻すカギとなってきています。 「腸内環境」「成長因子(グロスファクター)」「糖化」をコンセプトにアプローチして肌本来の「チカラ」が発揮され、健やかで美しい肌を手に入れることができます。

▲クリックで拡大

特長 strong point

①成長因子『プロテオグリカン』

プロテオグリカン

コラーゲンやヒアルロン酸に続く、第3の生体成分「プロテオグリカン」。

プロテオグリカンは皮膚や軟骨に多く含まれ、主に水分保持等の役割を担う糖タンパク質であり、粘性や弾性を持ちます。
ぺレ・グレイスでは弘前大学が30年以上の研究を経て確立した技術(特許第3731150号)により抽出したプロテオグリカンを使用しています。

※イメージです

②糖化『大豆発酵エキス』

大豆エキスを麹菌で発酵した発酵素材を使用しています

「糖化」とは、血液や体内中に増えたブドウ糖を中心とした糖は、 エネルギーとして代謝されないとタンパク質と結合しやすくなり*AGEs(エージス、エージーイー)という物質が産生される反応のことです。*Advanced Glycation End Productsの略語 タンパク質が糖化すると、そのタンパク質の本来の機能(シグナル伝達や酵素活性等)が抑えられ、代謝等に影響がでます。
たんぱく質は人間の体内のいたるところに存在するため、糖化は「皮膚・血管・骨・目・脳」など、すべての組織で起きる可能性があります。

※イメージです

※イメージです

③腸内環境『乳酸菌生産物質』

乳酸菌生産物質『PS-B1』

美肌でいるためには、
「腸の状態を良くする」のが大切

※イメージです

腸内フローラの研究が進み、進化した「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」3つの作用メカニズムを全て併せ持った、 マルチな乳酸菌発酵「トリプル・シンバイオティクス」です。

腸内フローラを整える3つの方法

3つを組み合わせたトリプル・シンバイオティクス

乳酸菌生産物質

特許【第5918290】

発明の名称…『乳酸菌生産物質の製造方法』及び『乳酸菌生産物質』

④美容成分配合

美容成分「パセノール」「パインセラミド」「マンゴスチン」を配合しております。

パセノール

パッションフルーツの種子に豊富に含ませ5000種類以上存在する。ポリフェノールの中でパッションフルーツの種子の中にピセアタンノールが多く含まれていることを発見。その量はぶどう果実の7000倍以上です。

パインセラミド

パイナップルの果実を原料とし、安心・安全の食べる植物セラミド。セラミドにグルコースが1つ結合したグルコシルセラミドとして含まれています。

マンゴスチン

マンゴスチンの紫色の果皮には、キサントン類、プロシアニジン類、カテキン類などの様々なポリフェノールが含まれています。 そのなかでも、キサントン類はマンゴスチン特有の成分であり、多くの作用が知られています。

本製品は健康食品であり薬のように速効性があったり、病気の治療を目的としたものではありません。特定の栄養素を主成分とした「食品」です。 毎日の食生活のなかで不足しがちな栄養素や機能性に優れた成分を摂取することができます。

Q&A question and Answer

Q. いつ、どの様に飲めば良いですか?

1日の目安量を参考に、水またはぬるま湯で飲むのがお勧めです。 食品ですので、特にいつ飲むのが良いという決まりはありませんが、飲み忘れのないようにするため毎日お続けいただくことが大切です。

Q. 複数の健康食品を一緒に摂っても良いですか?

食品ですので、基本的には併用いただいても問題ありません。 毎日のバランスの良い食生活を基本に、不足しがちな成分や積極的にお摂りになりたい成分の入った健康食品をお選びください。

Q. 薬と併用しても大丈夫ですか?

食品ですので、基本的には併せて摂っていただいても問題ありませんが、病気や薬の内容によっては、 食事の制限や、他の薬との兼ね合いが問題になる事もあります。事前にかかりつけのお医者様にご相談下さい。

Q. 健康食品が体に合わないことはありますか?

体質や体調によっては、まれに体に合わないことがあります。 特に敏感な方や食品アレルギーをお持ちの方は、製品に記載されている使用原材料や栄養成分表示、注意表示等をよくご確認ください。 また、初めてご利用される方やご心配な方は、少量からお召し上がりください。

全成分表示

乳酸菌生産物質(国内製造)、デキストリン、フラクトオリゴ糖、マンゴスチン抽出エキス、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨抽出物、 パッションフルーツ種子エキス、大豆エキス発酵物、パイナップル果実抽出物/環状オリゴ糖、酸味料、ユズ香料、増粘多糖類、グレープフルーツ抽出物(原料の一部に大豆、ゼラチン、サケを含む)

栄養成分表示

●1包(1.5g)あたり
●この表示値は目安です。

熱量 5.805kcal
たんぱく質 0.006g
脂質 0.012g
炭水化物 1.418g
食塩相当量 0.001g