いま使える革新的な「技術」と「成分」で、うるおいの根源へアプローチ。ピュアプロテオグリカンを配合したマヒナ美容液で、艶肌へと導きます。

トップページ
プライバシーポリシー
会員サイト

トップページ > 商品一覧 > マヒナ

マヒナ

モアナ

アオラニ

ククナ

プアラニ

エッセンスオイル

プラスオン

デュアルエッセンスエボリューション

オーバーナイト

リップトリートメント

ハンドトリートメント

シャンプーとトリートメント

ブログ

オレンジリボン

お問い合わせ


03-5459-4060

ペレ・グレイス株式会社
東京都渋谷区恵比寿4-6-1
恵比寿MFビル 402

商品動画

マヒナ


2013年7月、ペレ・グレイス最高峰の美容液として誕生した「マヒナ」。
日々探求し、進化を続けるペレ・グレイスのスキンケア技術の結集により、唯一無二(※3)の 「革新のマヒナ」として生まれ変わりました。
それは、かつてないほどの手ごたえを感じる、まったく新しいマヒナです。

ご使用方法


特長


マヒナ1剤の特長

'01年4月の薬事法改正で全成分表示が義務づけられたものの、エキス抽出や原料安定化に用いられる 「キャリーオーバー成分(酸化防止剤、防腐剤など)」は表示しなくても良いという特例があります。 MAHINAはフリーズドライ加工で防腐剤無添加(※5)を追求。ぜひ違いを実感してください。

ピュアプロテオグリカンの機能を十分に発揮できるよう、ペレ・グレイスは業界で初めて肌のpHに応答する 「ADSナノカプセル」を採用しました。肌(角質層)内部のpHに応答しながらピュアプロテオグリカンをしっかりと 角質細胞の奥深く、すみずみまで届けることができます。

EGFの機能だけでなく、保湿機能をそなえた化粧品業界でいま話題の新・美容成分「プロテオグリカン」。 ぺレ・グレイスでは弘前大学が30年以上の研究を経て確立した技術(特許第3731150号)により抽出したプロテオグリカンを、 さらに防腐剤を含まず安定化した試薬レベルの「ピュアプロテオグリカン」として独自に使用しています。

赤ちゃんを守り育てる役割を持った胎盤(プラセンタ)から抽出したエキス。 プラセンタには、アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル、ムコ多糖類など豊富な成分のほか、 EGFをはじめ数種類の細胞成長因子が含まれていることが知られています。 また、MAHINAには厳密に管理された豚の胎盤から抽出したプラセンタエキスを使用しています。

バイオ(微生物発酵)技術によりうまれた2種類のヒアルロン酸として、肌表面をうるおいで覆う 「高分子ヒアルロン酸(※7)」と角質層に浸透し内面からうるおいで満たす「浸透型ヒアルロン酸(※8)」に加え、 新たに「修復型ヒアルロン酸」を配合しました。肌のバリア機能にアプローチする原料メーカー独自の製造技術 (特許第4845071号)による新しいヒアルロン酸です。

L-アルギニンは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種です。 アルギニンは肌のキメを整える効果があり、年齢肌(※10)に欠かすことのできないアミノ酸です。

お肌のハリや弾力に大きく関係しているコラーゲン。 そのなかでもMAHINAはアレルギー性を削減した「アテロコラーゲン」に「サクシニル化」と 呼ばれる処理を行った豚由来のコラーゲン「サクシニルアテロコラーゲン」を配合、さらに溶解性と安定性を高めています。

マヒナ2剤の特長

ペレ・グレイスだけに許された2つの発酵エキスが融合した、
革新的美容成分「果汁発酵美容エキスP358(※12)」

マヒナのうるおいを底上げする果実の力

私たちに身近なものでありながらマヒナと相性が良く、 うるおい効果をさらに高める素材を徹底的に厳選。肌に理想的な効果を発揮する成分となるのが 「リンゴ」と「シャルドネ」であることを突き止めました。

日本古来の伝統製法・発酵技術

「リンゴ」と「シャルドネ」の力を最大限に引き出す方法として着目したのが、 プロテオグリカンが先人の知恵である郷土料理の氷頭なますに着目したように、 日本古来の伝統製法である「発酵」技術でした。

世界トップクラスの化粧品原料メーカー共同開発

世界的化粧品原料メーカーである一丸ファルコス社と独自の発酵技術と植物性乳酸菌を共同開発。 肌のうるおいに欠かせない保湿成分を豊富に含む「果汁発酵美容エキスP358(※12)」を作り出すことに成功しました。

世界初(※1)配合、革新的美容成分。1つで多機能!

「果汁発酵美容エキスP358(※12)」は、 人の手では決して作りだせない肌に理想的な成分バランスだから、 肌本来の働きへ多角的にアプローチする「1つで多機能」。 マヒナをかつてない深いうるおいへ導きます。

うるおいの源(※16)へ、さらにまっすぐ

溶解液のすべてを贅沢にも「果汁発酵美容エキスP358(※12)」に変えたことで、 全成分から「水」の表示が無くなりました。 水を1滴も含まない100%の美容液成分(※15)がうるおいの源(※16)へさらにまっすぐ。

最高(※17)の「安心」を素肌に届けるために

新しく生まれ変わった「革新のマヒナ」は、より確かな安心を叶えるため、 配合原料すべてを日本国内の化粧品原料メーカーによる厳しい基準をクリアした「日本品質」に。


(※1) 「乳酸桿菌/リンゴ果汁発酵液」を世界で初めて化粧品成分の国際名称INCI名)を決定する米国のPCPC(パーソナルケア製品評議会)に申請
(※2) 「乳酸桿菌/リンゴ果汁発酵液」と 「乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液」を独自ブレンドした「果汁発酵エキスP358(保湿成分)のこと。
(※3) ペレ・グレイスのスキンケアシリーズ内において
(※4) n=22(ペレ/グレイス調べ)
(※5) 防腐剤無添加とは「合成香料、合成着色料、シリコン、パラベン、フェノキシエタノール、
     石油系界面活性剤、エタノール、タルク、鉱物油、キレート剤」を含まないことを言います。
(※6) プラセンタエキス : 保湿、整肌成分
(※7) ヒアルロン酸Na : 保湿成分
(※8) 加水分解ヒアルロン酸 : 保湿成分
(※9) アルギニン : 保湿、整肌成分
(※10) 年齢を重ねた肌
(※11) サクシニルアテロコラーゲン : 保湿、整肌成分
(※12) 「乳酸桿菌/リンゴ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、BGからなる複合成分:保湿成分
(※13) 乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液 : 保湿成分
(※14) 乳酸桿菌/リンゴ果汁発酵液 : 保湿成分
(※15) ペレ・グレイスの考える美容成分
(※16) 肌のうるおいの源となる角質層のこと
(※17) 最高とはペレ・グレイス内において

▶トップページ  ▶ペレ・グレイスとは  ▶商品紹介  ▶ごあいさつ  ▶会社概要
▶お知らせ一覧   ▶お問い合わせ  ▶プライバシーポリシー  ▶ブログ

Copyright reserved by pele’s grace all rights reserved.